保育士の転職で後悔する人しない人、その違いとは!?

保育士の転職で後悔する人しない人
転職したい保育士ピロ子
他園したいけど転職したあとに後悔したいくないっ!転職を成功させるためには、一体どうしたらいいの?

昨今の保育士不足で、保育業界は働き手となる保育士さんを探すことに必死です。

ここ数年の傾向として、保育士の資格を持っていれば、いつでも保育業界への転職・復帰はいつでもできるでしょう(仕事を選ばなければ)。

しかし、転職にはリスクもあります。そのリスクとは、もし中途半端な転職してしまった後に感じる「後悔」の気持ちです。

転職することでより良い環境で働き始める保育士もいれば、転職したことを後悔してしまう保育士も中にはいます。

一体、その差はどこで生まれるのでしょうか。今回は、保育士さんが転職したあとに「後悔する人」と「後悔しない人」の違いについてご紹介してみたいと思います!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

保育士の転職で後悔してしまう人

育士の転職で後悔してしまう人

まずは、保育士さんが中途半端な転職することで、後悔してしまうパターンの主な理由をみていきましょう。

実は、後悔してしまう人には共通する「ある理由」があるようです。

転職先が必ず良い環境だとは限らないのに、一度転職してしまうと、普通は前の職場にはもう戻れません。転職はそう考えるとリスクがありますよね。

転職した後で、「こんなはずじゃなかったのにっ!」と思いたくはないですよね。そうならないためには、一体どういったことに気をつければ良いのでしょうか。

転職後悔の理由1:目的があいまい

「保育士のあなたは、なぜ転職をしようと思いましたか?」

この質問にどんな答えを出すかで、あなたの転職する目的がわかります。お金のため、休日を増やすため、人間関係から逃げるため、いろいろあると思います。

しかし、転職後に後悔してしまう保育士さんの特徴としては、次のような点が挙げられます。

  • 「給料は上がったけど人間関係がイヤ」
  • 「すごく良い先生たちばっかりだけど、持ち帰り仕事が多いからイヤ」

このように転職にハッキリした目的がないと、次から次へと不満を見つけては、グチを繰り返すことになってしまいます。

また、「単純に今の保育園のここがイヤだから」という理由だけで、「逃げの転職」をしてしまうと、新たな転職先でもイヤな面が目についてしまうようです。

そうならないためにも「こんな保育園を探すんだ!」というような、自身が望む転職の目的をハッキリと明確化する必要があります。

転職後悔の理由2:情報収集不足

これは、いま現役で毎日働いている保育士さんに多い理由のパターンです。

他園への転職前に「十分な情報収集」ができなかったことで、闇雲に探して見つけた、求人情報を頼りに面接を受けて採用、実際に新しい職場で働いてみたら最悪の場所だった、、、なんてこともあり得ます。

転職するときは十分な時間をかけて、いくつかの気になる保育園情報(求人情報)をちゃんと集めることが、とっても大切です。

複数の保育園を比較することで、より自分が求める環境を手に入れる確率が高くなります(ここ大事!)。

最近は、インターネットで保育園のホームページを見ることができるし、保育士専門の転職求人サイトを活用すれば、自力で調べるよりも多くの情報が簡単に手に入ります

お金をかけずに利用できるサービスなので、ぜひ上手く活用して賢く情報収集してみましょう。

人気!おすすめ転職求人サイト

転職後悔の理由3:転職活動時間の確保不足

このパターンも似たような理由ですが、転職活動中は実際に転職希望先の保育園へ見学に訪れたり、面接をいくつも受ける時間を確保することが、現役の保育士さんには時間的に難しかったりします。

普段の保育業務や行事の準備に追われる中で、求人情報を調べて見学の予約、面接の日程を調整してという作業を、複数の保育園に対して自分1人でこなすのは、相当大変です。

そんな煩わしさに心がくじけて、最初に面接を受けて採用された保育園を転職先として決めてしまったり、「家から近いからここで良いやっ!」、、、など。

安易な理由で決めてしまうことによって、実際に転職先の保育園で働き出してみると「こんなことになるとは思わなかった!」「これなら転職しないほうがよかった!」と、後悔してしまうこともあります。

転職で失敗しないためにも、時間的にも精神的にも余裕を持った転職活動を心がけると、良い結果に繋がる可能性が高まります。

保育士の転職で後悔しない人

保育士の転職で後悔しない人

では続いて、「新たな保育園に転職して大成功!」「転職して良かった!」と思える転職を果たす保育士さんたちには、一体どんな特徴があるのかみていきましょう!

読みすすめると分かるのですが、新しい保育園への転職後に後悔しない保育士さんは、「後悔する人ができていないこと」を逆にやっています。

むしろ、それだけの違いで「後悔しない転職=転職成功」となるのであれば、ぜひ実践したいですよね。

理由1:転職の目的が明確

転職したあとで後悔しない保育士さんは、自分自身がその転職で何に重点を置いているのか、きちんと把握しています(転職の目的が明確)。

  • 「お金を貯めたいから給料が高い保育園」
  • 「プライベートを充実させたいから残業や行事の少ない保育園」
  • 「人間関係で悩みたくないから新規開園の保育園」

このように転職の目的がハッキリしています。ここでのポイントは、目的をたくさん持ちすぎて、アレもコレもと「欲張らない」こと。

もちろん、自身が希望するすべての条件を満たす転職先があれば言うことなしですが、現実はそう上手くいきません。だからこそ、自分がイチバン重点をおきたいポイント(目的)を最優先にして考えるのです。

それ以外の部分は、「良かったらラッキー」くらいの大らかな気持ちで構えていると良いでしょう(過度に期待しすぎない)。

理由2:余裕を持った期間の確保

新しい職場へ転職するまでの転職活動期間が短いと、先ほども書いたように情報収集の時間が取れなかったり、見学や面接に時間を割けなかったりして、「中途半端な転職」になってしまう可能性が高くなります。

そこで、転職を決意した場合は、自分が転職したい時期までに、あと何ヶ月(何年)あるかを考えて、具体的な行動を考えるようにしましょう。

転職で後悔しない人は、自分の希望する転職目的に合う保育園をいくつも見学したり、説明を聞きに訪れるなどして、実際に体感し、転職先を決めていると聞きます。

余裕を持った転職活動期間の確保が、後悔しない転職のための必要な条件であるのは、間違いないのかもしれません。

理由3:自力だけでなく、他力を活用する

保育士さんに限らず、転職活動に関して、自力でできることにはやっぱり限界があります。

転職先の求人情報収集にしても、見学や面接の日程調整にしても、全ての作業を自分ひとりでやっていると、時間的にも作業量的にも忙しくなって、心も焦り出してしまいます。

そんな焦ったまま新たな転職先を決めても、なかなか希望するような理想の保育園に巡り会えないのではないでしょうか。

そんな時には、自力だけではなく「他力に頼る」ようにしてみましょう。

転職して後悔しない人は、他力を上手に活用しています。友人や大学の先生はじめ、無料でサービスを受けられる「転職求人サイト」や「転職アドバイザー」さんを活用することで、自分がやらなくても済む作業を代行してやってくれる方法もあります。

「自分の転職活動を他人に頼るなんて、なんか悪いなぁ」と思っても、それはいいんです。あなたが転職した先で関わる子どもたちを楽しませてあげれば。

紹介した人も紹介された人も、みんなが「良かった」と思えるような関係を目指しながら、転職活動を進めていきたいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。保育士転職で後悔する人と後悔しない人、その違いが明確になったでしょうか?

この内容を意識して、自分がどんな転職をしたいのか一度考えてみてはいかがでしょうか?

保育士の求人情報が溢れているご時世とはいえ、転職は自分のライフスタイルに大きく関係する「選択」です。

中途半端な気持ちで考えず、苦しい時や答えが分からない時は、人に頼ることも忘れずに、後悔しない転職を目指しましょう!

保育士の転職で後悔する人しない人
ヒトシア保育

日本トップクラスの求人数!
【ヒトシア保育】

お客様満足度94%、保育士転職サイトの中では1~2位の人気と規模を誇る超有名サイト!日本全国で展開、対応スピードも高速、内定まで手厚いフォロー。まずはココに登録!
保育士バンク

国内最大級の求人情報量!
【保育士バンク】

初めての転職でも安心!保育士専門のプロが内定後までしっかりサポート。人間関係良好で、働きやすい好条件・好待遇の求人多数!

女性の退職代行特化!
わたしNEXT<退職代行>

女性特有の悩みを考慮して、辞めたいと言い出せず苦しい思いをしている女性の退職をサポート!退職ストレスから解放されてキレイになりたい人は、ぜひお見逃しなく!